簿記学習におすすめの資格スクールはこちら!

【簿記3級用】勘定科目の現金について解説!取引例や仕訳の方法を紹介します

当ページのリンクには広告が含まれています。
りぴ

簿記の現金について詳しく教えて!

こんな方に向けて記事です。

簿記のルールでは、現金といっても貨幣や紙幣など財布にある通貨だけを現金と呼ぶわけではありません。

  • 簿記上で現金として扱うもの
  • 現金と間違いやすいもの
  • 現金を使った仕訳の基本

について解説していきます。

目次

現金とは簿記上の資産となるもの

ライカン

基本的な解説からすると現金は簿記で資産となるものです。

この説明の段階では、財布の中に入っている500円玉や千円札などの硬貨・紙幣をイメージしてもらって大丈夫です。
現金は簿記のルールで資産グループになり、会社や個人事業主にとって財産になるものの1つになります。

りぴ

そもそも資産って何?

資産とは、貸借対照表に記載される会社が持っている財産のこと。

  • 預金
  • 商品
  • 車両
  • 土地

などが、現金と同じ資産グループになるものです。

ライカン

現金については「会社の資産」だ!
という認識だけあればここまではOKです

簿記でいう現金の範囲

硬貨や紙幣が「現金」だよ。
という説明をしましたが、簿記のルールでは現金の範囲はもう少し広いです。

りぴ

どういうこと???

簿記で使う現金という勘定科目では、紙幣や硬貨以外のものでも現金という勘定科目を使って仕訳を起こすことがあります。

簿記で現金として処理をするもの
  • 紙幣・硬貨
  • 他店振出小切手
  • 普通為替証書
  • 送金小切手
ライカン

普段の生活で使わないものも出てくるので、少し難しいですが1つずつ解説していきます!

参考

仕訳とは簿記で、取引に対して行う最初の処理のことです。


詳しくは「簿記初心者におすすめの仕訳の書き方は?わかりやすい方法を解説」で紹介しています。

硬貨・紙幣

500円玉や千円札など硬貨や紙幣。

現金と聞いて、これは1番イメージがしやすいと思います。

ライカン

簿記上の現金として、1番登場するのがこの硬貨や紙幣です

商品1,000円を売上て現金で回収した(現金の増加)

現金1,000 |売上1,000

商品を1,000円分現金で仕入れた(現金の減少)

仕入1,000 |現金1,000

注意点として、通帳に入金した預金については「普通預金」という勘定科目に変わります

他店振出小切手をもらった時

「他店振出小切手=取引先からもらった小切手」については、現金として処理をします。

取引先からもらった小切手は、銀行に持って行くとすぐに換金することができるので、小切手をもらった段階で現金として取り扱います。

10,000円の商品を売上て他店振出小切手で回収した(現金の増加)

現金10,000 |売上10,000

簿記3級を勉強する上で、小切手は間違えやすいので注意しましょう。

  • 自分が発行した小切手→当座預金の減少
  • 他社からもらった小切手→現金の増加

普通為替証書をもらった時

普通為替証書とは、ゆうちょ銀行や郵便局で現金を普通為替証書に換えて送付する送金方法のこと。

これも小切手と同じように、普通為替証書をゆうちょ銀行などに持って行くとすぐに換金できるので現金として簿記上は扱います。

送金小切手をもらった時

支払う側が銀行で送金小切手を買い、お金を受け取る人へ送る小切手のこと。

送金小切手も受け取った人は、銀行へ持って行くとすぐに換金できるので現金として簿記では扱います。

簿記で現金とならないもの

今度は逆に、簿記では現金として扱わないものを紹介します。

現金とならないもの
  • 自己振出小切手
  • 郵便切手
  • 収入印紙

自己振出小切手

先ほど紹介した他店振出小切手とは逆に、当社が振り出した小切手のことを自己振出小切手と呼びます。

「小切手を振り出した=取引先に渡した」時には、当座預金という科目を使います。
なので、自己振出小切手が後日返ってきた時にも、当座預金の減少を取り消すという仕訳をすることになります。

  • 自分が発行した小切手→当座預金の減少
  • 他社からもらった小切手→現金の増加

郵便切手

郵便局などで使う郵便切手は購入時に通信費として仕訳をします。

例えば、切手84円を現金で購入した時の仕訳は次のとおりです。

勘定科目金額勘定科目金額
通信費84現金84

収入印紙

収入印紙を購入したときは、租税公課という科目で仕訳をします。

例えば、収入印紙1,000円を現金で購入した時の仕訳は次のとおりです。

勘定科目金額勘定科目金額
租税公課1,000現金1,000

簿記の処理で覚えたい現金の仕訳について

最後に、現金を使った仕訳をいくつか紹介します。
今までの説明で理解できた方は読み飛ばしてもらって大丈夫です!

基本的な現金(貨幣)の増減の仕訳

商品1,000円を売上て現金で回収した(現金の増加)

現金1,000 |売上1,000

商品を1,000円分現金で仕入れた(現金の減少)

仕入1,000 |現金1,000

小切手についての仕訳

10,000円の商品を売上て他店振出小切手で回収した(現金の増加)

現金10,000 |売上10,000

簿記で使う現金についてまとめ

もう一度おさらいすると、簿記のルールで使う現金はこちら

簿記で現金として処理をするもの
  • 紙幣・硬貨
  • 他店振出小切手
  • 普通為替証書
  • 送金小切手

特に、他店振出小切手は間違いやすいので注意するようにしましょう!

また、現金と間違えて覚えやすいものもあります。

現金とならないもの
  • 自己振出小切手→当座預金
  • 郵便切手→通信費
  • 収入印紙→租税公課

現金の仕訳では、このように処理をするのでここだけは押さえておきましょう!

商品1,000円を売上て現金で回収した(現金の増加)

現金1,000 |売上1,000

商品を1,000円分現金で仕入れた(現金の減少)

仕入1,000 |現金1,000

10,000円の商品を売上て他店振出小切手で回収した(現金の増加)

現金10,000 |売上10,000

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次