簿記学習におすすめの資格スクールはこちら!

簿記とは何なの?初心者向けに簡単解説します

当ページのリンクには広告が含まれています。
りぴ

簿記ってなんなの?

そんな方に向けた記事です。

簿記を勉強する、簿記資格の合格を目指す…の前に「簿記って一体なんなの?」と言う疑問があると思います。

学習したことがない人だと

  • 何をするための物なのか
  • 何のためにあるのか

など、まずそこから分からない人も多いですよね。

そこでこの記事では、簡単に簿記とは何なのかについて解説していきます。

この記事を書いている人
  • 簿記歴10年以上
  • 日商簿記1級合格
  • 現:税理士事務所勤務
ライカン
簿記合格証書を見る
簿記1級の資格証明書
目次

超簡単に簿記とはお金や物の動きを記録すること

簿記とは、会社や事業で行われる日々の

  • お金の動き
  • 物の動き

などを記録すること。

ライカン

会社やお店は「お金を儲けるため」に仕事をしているよね

その儲けとは、売上と仕入だけで決まるのではなくて、備品代だったり、発送費用、従業員の給料、家賃代など色々な収入や費用から計算しないとちゃんとした数字は出てきませんよね。

その記録方法を、日記やメモ書き、頭での計算なんかでは漏れや計算ミスがでてきてしまいます。

なので、簿記とは
一定のルールに基づいて、会社やお店での取引を全て記録することです。

ライカン

この記録方法を簿記と言います
「帳簿に記入する」を略して簿記と呼ばれるよ!

簿記の目的とは?

りぴ

簿記が何なのかは、何となくだけどわかったよ。
でもなんで、簿記を使って記録しないといけないの?

ライカン

簿記をわざわざ使って記録するのには大きく3つの目的があるからだよ

簿記を使う目的
  • いくら儲かっているか分かる
  • 財産の状況が分かる
  • 会計期間に区切って正しい決算ができる

①いくら儲かっているかが分かる

簿記を使うことで「本当にいくら儲かっているのか」正しい数字が分かるようになります。

全ての取引の記録をルールに基づいて記録していくので

  • 今月の正しい業績
  • 前年や前月との比較
  • 競合他社との比較

などの経営判断ができるようになりますよね。

ライカン

会社やお店が、ざっくりとした数字などじゃなく、正確に利益が計算できるのは簿記のおかげ。

この判断は経営者や個人事業主、経理担当者だけが必要なだけではありません。
投資をしたい人が、投資先の経営状況を判断したり、営業担当者が正しい数字の情報を取引先に伝える時にも簿記の知識がベースにあると質がUPします。

ライカン

簿記は社会人みんなが勉強する価値がある知識ですよ

簿記で会社がどれだけ儲かっているかを表すものを「損益計算書」と呼びます。

②財産の状況が分かる

簿記を使う目的の2つ目は「財産の正確な状況がわかる」こと。

会社の財産は、単純な現金・預金だけではなく

正の財産(資産)負の財産(負債)
現金、預金
売掛金
自動車
土地
権利
買掛金
未払金
借入金

など、資産や負債に分けていろいろな種類があります。

ライカン

自分のお店にどれだけ、資金的な余裕があるのか?
財産の状態を数字として把握するためにも簿記を活用します。

簿記で会社がどれだけ財産があるのかを表すものを「貸借対照表」と呼びます。

③会計期間に区切って正しい決算ができる

簿記を使う目的の3つ目は「会計期間に区切って正しい決算ができる」こと。

会社や個人事業主には、1年に1回その期間の売上や利益から決算をして納税をすると言う義務があります。

ライカン

この決算を正しくするためのルールとして簿記が使われています。

全ての会社が、独自のバラバラな方法で利益を計算して、違う種類の資料を提出しても正しい決算になっているか判断ができませんよね。

だから簿記のルールに沿った決算をする必要があります。

まとめ:初心者用に説明する簿記とは?

簿記とは、会社や事業で行われる日々の

  • お金の動き
  • 物の動き

などを一定のルールに沿って記録することです。

簿記を活用することで、会社の利益や財産の状況などを数値化して決算ができます。

簿記を使う目的
  • いくら儲かっているか分かる
  • 財産の状況が分かる
  • 会計期間に区切って正しい決算ができる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次