簿記学習におすすめの資格スクールはこちら!

簿記3級の学習・資格取得には意味がないのか?簿記歴10年の経験者が解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
りぴ

簿記3級って意味がないって、よくネット上で言われているけれど実際はどうなの?

こんな疑問を解決していきます。

簿記を勉強する上で、ネット上で調べているとよく「簿記3級は意味がない」と言われることが多いですよね。
結論から言うと、簿記3級自体は合格率も高く商業学生でも取得するレベルの資格です。

ライカン

この合格のしやすさから、意味がないと言われてしまうことがあるんだよね

ですが、簿記を学習する目的によっては簿記3級にも充分に価値があると言えます。

そこで今回の記事では

  • 簿記3級が意味ないと言われる原因
  • 簿記3級の学習に意味があるパターン

について解説していきます。

この記事を書いている人
  • 簿記歴10年以上
  • 簿記1級合格
  • 現:税理士事務所勤務
らい
簿記合格証書を見る
簿記1級の資格証明書
簿記1級の資格証明書
目次

簿記3級が「意味ない」と言われてしまう理由

ライカン

簿記3級が意味ないと言われてしまう理由はこちら。

  • 誰でも取得できると思われている
  • 履歴書に書いても評価されにくい
  • 実務で戦力とならない

理由①誰でも取得できると思われている

理由1つ目は「誰でも取得できると思われている」こと。

日商簿記3級は

  • 身につく資格は簿記の基礎
  • 勉強時間の目安は約100時間
  • 合格率は約30〜40%

と、簿記の基本的レベルを証明するための資格です。

商業高校の学生なら、在学中に取得する人も多い資格です。
なので、取得者が多いことから簿記3級を持つことに意味がないと感じる方は多いようですね。

ライカン

確かに、資格の希少性(難易度)という面では、ちょっと物足りないレベルですね。

理由②履歴書に書いても評価されにくい

理由2つ目は「履歴書に書いても評価されにくい」こと。

大手企業の経理求人などで評価されるのは簿記2級以上と言われています。

大きな会社の経理だと日商簿記2級が、資格の選定基準として選ばれやすく、日商簿記3級だとやはりパワー不足です。

ライカン

これも目標とする企業レベル次第なところもあります

中小企業などの経理事務やパートだと、簿記3級を取得している=簿記の基礎知識がある
という証明があるため、飛び抜けて評価されることは少なくても、履歴書に書く意味はある資格だと思っていますよ。

理由③実務で戦力とならない

理由3つ目は「実務で戦力とならない」こと。

先ほども紹介したように、簿記3級は商業高校生が学生期間で取得するレベルの資格。

  • 仕事で使えるレベルじゃない

と思われている方も多いようです。

ライカン

これに関しては、半分正解かなという印象です。

確かに、簿記3級は基礎レベルの内容になっているので、3級があれば経理関係で満足に仕事ができるようになるというレベルにはありません

ですが、簿記の基礎は習得していることになるので、簿記知識0の人と簿記3級取得の人との差はかなり開いているのも事実ですよ。

りぴ

意味ないから勉強しない!
って人が1番損をしている感じですね…

簿記3級は本当に意味がない資格なのか?→目的によっては意味がある

りぴ

そうしたら、簿記3級って意味がない資格なの?

ライカン

いや、簿記3級は次の目的ならぜひ学習して欲しい資格だよ。

ここからは、簿記3級を学習する意味がある3つの目的について紹介していきます。

目的①簿記の上級資格を目指したい

簿記3級からさらに上の簿記資格を目指している!という方は、簿記3級を学習する意味は大きいです。
簿記2級や1級はもちろん、税理士資格や公認会計士などの資格に挑戦するためには、簿記3級は完璧にしておくというのが前提になります。

ライカン

簿記3級で学習の穴があると、上級では間違いなく躓いてしまいます。

簿記3級は、簿記という世界の基礎を学ぶことができます。
サッカーで、高度なフェイントを学ぶ前にドリブルを練習するように、簿記では3級で基礎的な

  • 仕訳の書き方
  • 決算書の作り方

などを学習する重要度は高いです。

目的②就職・転職のために履歴書にかける資格が欲しい

りぴ

近々、経理関係の仕事へ就職や転職を考えているけれど、履歴書に書ける資格が欲しい!

という人に、1番オススメなのが簿記3級。

経理事務や、会計事務所などへの就職を狙っていて資格欄に書ける資格がない…‼︎
という方は、簿記3級が1番効率が良いと思います。

3ヶ月以上の勉強時間が確保できるなら簿記2級を狙うのもありですが、すぐに書ける資格を今からの取得するなら簿記3級。

しっかりと学習すれば簿記3級は1ヶ月で狙える試験ですし、簿記資格を持っていない人材と、簿記3級でも取得している人ではやっぱり経理としての評価は変わってきます。

関連記事:【経験者が語る】経理に簿記が必要な3つの理由!おすすめの勉強方法も紹介

目的③簿記の知識を習得したい

簿記を資格としてだけではなく、簿記の知識を身に付けたい!という人は、簿記3級の学習はぴったりです。

簿記3級は、簿記の基礎が詰まっています。

  • 社会人として
  • 確定申告のために
  • 資産運用のために

という方は、簿記3級をまず学習するところから始めます。

ライカン

もちろん、3級だけで簿記は完璧!!
というほど甘くないですが、最低限の知識は身につけられますよ

簿記3級が意味ないと思ってしまうなら2級を目指そう

どうしても、簿記3級は意味がないと思えて勉強ができない…という人は、簿記2級を見据えて学習してみましょう!

簿記2級は

  • 簿記を実務で使えるレベルでマスター
  • 工業簿記を学ぶので製造業でも使える
  • 簿記の基礎から応用まで学習する

と、3級よりもレベルが上がっています。
もちろん、合格を目指すとなると難易度も上がり、必要な勉強時間はグンと増えます。

ですが、就職や転職活動をする方には簿記3級よりも格段に有利に働く資格になっているので、頑張る意味はあると思いますよ!

まとめ:簿記3級は意味がないのか

簿記3級という資格については

  • 就職・転職活動
  • 実務が完璧にこなせる知識

という意味では、簿記3級の資格取得・学習にはあまり意味がないというのが現実です。

ライカン

正確にいうと意味がないというよりも、足らないという感じですね

逆に

  • 簿記の基礎を身につけるため
  • 短期間で履歴書に書ける資格を取得するため
  • 事業の帳簿づけのための会計知識

を目的とするなら、簿記3級を学習して資格を取得するのはかなりオススメです。

ライカン

実際に僕も、簿記3級から順番に資格を取得して
・1級合格
・税理士職員として就職
と、人生の相棒レベルになっています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次